クラムボンワールドへようこそ! 野仏三行日記は今を生きる庶民の記録です。

 目次:
  ●トップへ

     ●ごあいさつ
    ●この一杯から
     ●お品書き
   ●地図&注文方法
     ●喫茶いっぷく
    
●通販法による表記


22 木 ● 23−28℃
午前中は、時々豪雨のひどい荒れた天気だった。七尾市が一番ひどかったようだ。高校野球星陵
対履正社の決勝戦。今大会の流れからすると、ピッチャー奥川がいる星陵が有利に思えたが、試
合はやってみなければわからない。惜しくも敗れた。石川県民すべてのため息が聞こえそうだ。

21 水 ● 23−28℃
開店当初から使っているエスプレッソ・マシンのハンドルが破損。ハンドルのプラスチック部分が劣化
して割れた。20年以上経つので、もちろん交換部品はない。この機会にマシンを使うメニューを終了
した。エスプレッソ・コーヒー、カフェ・ラテ(カプチーノ)は、メニューからはずした。

20 火 ● 23−28℃
梅雨のようなジメジメした日だった。これから一雨ごとに涼しくなっていくだろう。いつのまにか、田んぼ
の稲穂も実ってきた。早稲米は、刈りいれしているところがあるそうだ。 夕方7時ごろになると暗くなる。
暑かった夏を越えて、秋は着々と近づいている。

19 月 ◎ 24−32℃
今週は、くもりや雨の日が多そうだ。8月前半の猛暑も、だんだんクールダウンしていくだろう。連休明
けで、調子がいまひとつ。お盆に集まったお菓子や飲み物を消化している。きのう、ももこからもらった
いま流行りの「とびばこパン」もお昼に食べた。甘い食パンで、おやつ向きだった。

18  ○ 24−34℃
午後から金沢へ行く。ももこを誘ってビーンズへ行ったあと、近くのカフェ・スミカグラスでお茶する。ハ
ーブがメインのカフェで、お客さんは女性ばかり。インテリアも女性好みだ。4時過ぎに金沢駅に到着。
まことを下ろす。京都まで3時間。近いから、いつでも帰ってくればいいのだが。


17  ○ 24−33℃
朝は涼しくなった。おとうさん、おかあさん、まことの3人で、福井県の東尋坊へ行く。東尋坊は20代の
頃以来だ。さすがに日中は暑い。戻りに月うさぎの里へ行き、加賀の自家焙煎店可非工房へ行く。可
非さんのコーヒーは雑味がなく、きれいな味がした。 

16 金 ● 24−32℃
きょうから18日7まで3連休お盆休み。台風10号は中国地方から日本海に抜けた。待望の雨が降る。
梅雨のようなじめっとした天気になった。台風の影響で、ひまわりが全部枯れた。午後からおかあさん、
おとうさん、まことの3人で墓参り。うちの墓のあと、おかあさんの実家へ行く。

15 木 ○ 27−38℃
山をひとつ越えた志賀町では、最高気温40.1℃を記録した。県内での最高気温を更新する。こんな
殺人的な暑さの中で墓参りをする人がいる。珈琲屋のマスターは、外に出るだけで溶けてしまう。長男
のまことが帰省した。おかあさんは、毎年恒例の高校の同窓会に参加する。

14 水 ○ 27−37℃
半月以上雨が降っていない。きょうは台風が近づいているため、フェーン現象が起こった。まとわり付
くような暑さだ。金沢の姉家族が、お盆の墓参りにきた。墓地は日陰が全然ないので厳しい。自宅の
池に第2の犠牲者が出た。犯人は水温上昇か、寄生虫か。

13 火 ○ 27−35℃
晴れの日が続き、桜の木の毛虫が巣が目立つようになった。やまぼうしにも飛び火した。朝早く、ポン
プで薬(スミチオン)を散布する。しばらくは大丈夫。散布したあと気分が悪くなった。暑さにやられたの
か、マスクをしていたのに薬が影響しているのか。虚弱体質なので、どちらもアリか。

12 月 ○ 25−34℃
山の日 会社員の人たちは、もう夏休み(お盆休み)に入ったらしい。帰省のお客さんや、能登観光の
お客さんが来店する。おかあさんの高校の同級生4人組も来店した。お店は、普段とは全然違った雰
囲気になってしまった。祝日なので6時半に終了した。

11  ○ 24−34℃
朝は雲でおひさまが隠れ、風も吹いていたので涼しい。このチャンスを逃さず、店の草刈りをする。7
時から10時。そのあと、雲は去り、再びおひさまのかんかん照り。ラッキーだった。午後からブックオ
フで美術全集を3冊買う。500円だったが長い間開かなかったため、湿度でページがくっついていた。

10  ○ 26−34℃
晴れの日が続くので、とうとう店の桜に毛虫(アメリカン・シロヒトリ)が巣を作りはじめた。下の方はキン
チョールで退治できるが高いところは困難だ。バイパス沿いの桜は、所々葉っぱが食べられ丸坊主。
雨が降らないので、地面に水分がなくクローバーが消滅。その部分だけ土が見えてハゲの状態。

09 金 ○ 26−34℃
長崎の原爆記念日。毎年8月の前半は、太平洋戦争を取り上げた放送が多い。戦争は絶対にしては
いけない。被害を受けるのは、いつだってふつうの人たちだ。日本は唯一の被爆国、もっとアピールす
べきだ。おかあさんの実家から、うなぎが届く。うなぎは、今年3回目、ありがたいことだ。

08 木 ○ 27−35℃
自宅のエアコンのリモコンの表示が薄くて見えない。年数が経っているので交換品がない。ネットで検
索すると、出るわ出るわ、たくさんの中古品が出品されていた。しかし、みんなプラスチックが日焼けで
黄ばんでいた。その中でも良さそうなものを購入した。届いたら、うちのリモコンよりきれいだった。

07 水 ○ 27−35℃
暑さは更新される。自宅の池の鯉が死んだ。雨が降らず、池に引いている井戸水も枯れ寸前で、水温
が上昇。こんな小さな池にも自然災害が発生した。店のテーブル席を窓から少し離した。外の熱気が窓
際にたまって、もやもや暑い。エアコンの風量を強にしても冷えない

06 火 ○ 27−34℃
じいちゃんの誕生日、88歳米寿だ。広島の原爆式典、そのあと全国高校野球開会式。午後からにぎ
やかな年配の女性のグループがいくつか来店した。七尾の配達の帰りにコメダ珈琲店の前を通ると、
年中無休のはずが休業していた。はは〜ん、どおりで!いつも店内は、こんなにぎやかなのか。

05 月 ○ 27−34℃
毎日暑さが更新される。きょうから数日はピークか。エアコンを入れても、なんだか暑い。夏休みなの
で、近くのショッピングセンターは平日でも人が多い。お年寄りは、センターの広場のベンチへ涼みに
来ている。100円均一で、ミニサボテンの鉢を買う。サボテンも100円でたくさん売っていた。

04  ○ 26−33℃
おとうさん、おかあさん、ももこの3人で、県立美術館で開催されているフランス近代絵画、ユニマット
コレクション展へ行く。予習した甲斐もあって、とてもよかった。100年以上前の直筆の作品が、きれ
いに保存されているだけでも価値がある。そのあと、ラインハイトでお茶する。

03  ○ 26−34℃
朝早く、ばあちゃんとはじめが墓掃除に行った。もうすぐお盆だ。朝はもやがかかって涼しかったので、
店の畑の除草作業をする。しかし、だんだんおひさまの力が強くなってきて、汗がたらたら。シャワー
をしてから仕事をはじめる。毎日暑さが更新されているようだ。

02 金 ○ 26−34℃
日曜日に石川県立美術館で開催しているフランス近代絵画、ユニマットコレクションを鑑賞に行く。
その前に少しだけ予習しておこうと、図書館から子ども向けの美術史の本を借りてくる。漫画も多い
ので、わかりやすい。有名な画家の絵をじかに見るチャンスだ。

01 木 ○ 26−34℃
店の畑で採れてカボチャで、カボチャ・サラダを作る。店内緑化運動でサボテンを買う。ミニサボテン
を買うつもりが、やや大きめでトボけた形のものがあったので、それを買う。サボテンは、ユニークな
形のものが多い。見ていても飽きない。
8月

31 水 ○ 26−34℃
日でりの夏は続く。ナスは葉っぱを虫に喰われひん死の状態、キュウリは1本枯れてしまった。予報
では、まだまだ雨が降りそうにない。この好天でアメリカンシロヒトリの幼虫が、桜の木に巣を作りは
じめた。大事に至らなければよいのだが。

30 火 ○ 26−33℃
去年のこぼれ種で、かぼちゃが3つできた。収穫する。マスターが畑で作ったかぼちゃを、おかあさん
が手作りケーキにした。まさしく、クラムボン・オリジナル・かぼちゃのプディングのできあがりだ。店の
前のお宅は、炎天下のなか瓦の修理をしている。職人さんは大変だ。

29 月 ◎ 26−33℃
一年で一番暑い時期だ。梅雨が残っているのか、じわーっと暑い。お盆休みの計画をたてる。今回
は、岐阜の白川郷か、福井方面へドライブということで一致した。どちらも久しぶりだ。しかし、おかあ
さんはそばが苦手だから、代わりのおいしい食べ物はないか。

28  ◎ 24−32℃
きのう雨が降ったおかげで、午前中は涼しい。きょうは一日、店でYoutubeを見てぼぉーっとしてい
た。はじめは、中能登中学校で剣道の昇段試験。見事三段合格した。晩ごはんはうなぎ。2日連続
でうなぎがあたった。こんな幸せなことはめったにない。

27  ◎ 24−32℃
中能登町の町祭、おり姫夏物語があった。予報どおり夕方から雨、残念だ。土用の丑の日。毎年、
おかあさんの実家から、今や超高級食材のうなぎが届く。ありがたいことだ。おいしくいただいた。
梅雨明けで急に暑くなり、かなりバテ気味だったが、うなぎのおかげで元気が出た。

26 金 ○ 24−32℃
ネットで注文した店用のガスレンジが届く。注文して2日目に到着、早い。今まで使っていたものは
生産中止で、その継続機種を買った。見た目は良いが材質は全然薄っぺらい、すぐに故障しそう
だ。いまの製品はすべてこの通り。買い替え時期が早まる。

25 木 ○ 24−31℃
盛岡の自家焙煎コーヒー屋クラムボンのマスターが、今年の元日に亡くなったことを、ネットの検
索で知った。名前が同じ、豆の売り方も似ている、しかも雑誌に載ったので、むこうの方が有名。
勝手に対抗意識を燃やしていたが、あっけない幕切れだった。

24 水 ◎ 24−28℃
北陸は梅雨明けした。予報では、これから晴れの日が続き暑くなりそうだ。短期間に庭の草が伸
びた。朝から草刈りをする。夕方5時過ぎに終了。最後あたりになると首が痛い。頚椎の痛みは
今年あたりから出てきた。腰痛と合わせて、これからうまくつきあっていかなければならない

23 火 ◎ 24−28℃
鹿島中剣道部の後輩が来店する。県体の団体決勝戦の話になった。選手は試合のことだけで、
まわりのことは覚えていないが、1年生だった後輩はよく覚えていた。後輩はこの試合に感動して
自分も3年になったら絶対優勝するぞと思ったらしい。人を感動させることができて、誇りに思う。

22 月 ● 24−32℃
夜も気温が下がらずむし暑い。きのうももこを金沢へ送るついでに、カフェ・ラヴィでお茶した。お客
さん は20歳代の若い女子ばっかり。その風が吹いたのか、きょうのうちの店は若い子が多かった。
店の写真を撮るのはいいが、マスターの希望として、花壇も入れたほうが店の雰囲気が出るぞ。

21  ◎ 22−30℃
はじめが18歳になったので、おかあさんが、ももこ、はじめと一緒に参議院議員選挙の投票に行
った。若者の選挙離れが問題になっているが、最初に親が連れて行くと、投票は行くものだという
気が少しは起きるだろう。最初が肝心だ。午後、ももこを金沢へ送る

20  ◎ 22−28℃
ももこが成人式をむかえる。おかあさんの実家に伝わる晴れ着をだしてきたところ、袖が汚れてい
た。呉服店に依頼して修理してもらう。支払いは太っ腹のおかあさん。修理して帰ってきたので、
美容院で試しの着付けをしてもらう。晴れ着姿のスマホの写真は馬子にも衣装、みよい。

19 金 ● 22−28℃
梅雨らしいジメジメじっとりウエットな日。床は湿度高でイスがすべらない。伝票の紙もしっとりして
いる。洗濯物は乾かない。そんな中でも、夏の花の代表のひまわりが咲いた。変態ひまわりなの
で、どんな色の花が出るかわからない。ジニアも咲き出した。

18 木 ◎ 20−28℃
カウンターのお客さんたちが、なにやら慌てていた。どうも来るぞと予想されていた不景気が現実
味をおびてきたらしい。そうだろうなー、しかしどうなるのか。カウンター上のLED証明が切れた。
寿命10年と言っていたが3年で没した。買いあたりが悪かったのか今から続々と切れるのか。

17 水 ○ 20−30℃
バイパスの気温表示が30℃を越えた。配達で羽咋の大通りを通ったら、旗を出して止められた。
びっくりしたが、違反したおぼえがない。誘導されて駐車場に入ったら、整備協会による一斉の点
検整備だった。ほっとした。誘導されたみなさんも驚いただろう。終わったらヤクルトをもらった。

16 火 ◎ 20−26℃
日照不足で野菜が不作。うちの畑もおひさまが出ないので、トマトが赤くならない。オクラの元気が
ない。花壇の方は、この涼しさで春の花ノースポールのこぼれ種の芽が出てきた。しかし、かわい
そうだが、夏場はもたないだろうな。茶碗蒸しを作る。オーブンの温度、時間がわかった。

15  ◎ 20−26℃
海の日 いつもこの時期、気温が高くて海水浴できるのだが、今年は涼しい。富山ナンバーのお客
さんが多い。ネットで検索して店に来るのだろう。能登半島の旅の基点になっているのか。祝日なの
で6時半にしまう。まだ明るいので、30分早くしまうだけでも十分早い気がする。

14  ◎ 20−26℃
あすは海の日で祝日。土曜日にケーキがなくなったので、おかあさんが休日出勤して作る。おとう
さんも休み返上で「喫茶いっぷく」を書く。夜は、ばあちゃんと親戚のお通夜へ行く。2週連続で温泉
へ行っていない。からだが温泉切れを起こしている。

13  ◎ 20−26℃
二宮区の盆踊り。七尾はみなと祭りの踊り流し。金沢の姉のところから大きなスイカが2つ届く。
割ってみたら、あまい匂いがしておいしそうだ。ネットで半そでボタンダウンシャツの白を2枚注文
する。白シャツは替え時がむずかしい。

12 金 ○ 20−26℃
住民健診の結果が届いた。いつものように血糖値のHbA1cだけ異常、それ以外は正常の範囲だ。
この一年は食事に気をつけたつもりだが。ネットで調べると、お医者さんによっては正常の範囲内
だ。 どちらが正しいかはわからない。しかし、要注意の判断が下るとガッカリする。

11 木 ● 20−24℃
雨が降って涼しくなった。夕方になると寒いくらいだ。店の庭のシマトネリコの木が大きくなりすぎて、
電話線に着いてしまったので、ばっさり剪定した。近くのショッピングセンターで、21日に行われる参
議院議員選挙の期日前投票をする。この特設投票所は便利だ。

10 水 ○ 22−30℃
カーッと暑くなった。午前中、じいちゃんの運転手で七尾の総合病院の皮膚科を受診する。金沢の
姉にじゃがいもを送る。ばあちゃんの包装がバタバタなので包装し直した。カラスがキュウリを食べ
なくなった。うちの畑よりおいしい所を見つけたのだろう。散髪に行く。もっと短くすればよかった。

09 火 ◎ 20−26℃
自宅の床の間に置いてあったオーディオを店に持ってきた。クラシックCDのミカン箱も2つ持ってき
た。閉店後に焙煎室にセットして、簡単なオーディオルームの完成だ。これからは店を生活の拠点
にしよう。自宅は、お風呂と寝るだけ。

08 月 ◎ 20−26℃
今年はじめてセミの鳴き声を聴く。おかあさんが、じゃがいもを全部掘り起こした。トマトとキュウリが
近すぎて、茎がこんがらがってしまった。今年はナスがぼこぼこ採れる。おとうさんが、採れたてのじ
ゃがいもで、はじめてポテトサラダを作った。量が多い。

07  ◎ 20−25℃
七夕だが、あいにくのくもり空。午後から金沢へ行く。ももこのところに食料を置き、高柳町のホーム
センターでミルクパンと花苗を買う。チャペックでお茶する。はじめてパナマ・ドンパチ・ゲイシャを飲む。
ビーンズで立ち読みして帰る。里山海道沿いの海岸では車が並んでいた。もう夏だ。

06  ◎ 20−28℃
午後から気温が上がって、むし暑くなった。ネットで調べると、自家焙煎店の珈琲豆の小売り値が、
100g600円以上がほとんどだ。いつの間にか自家焙煎店の豆は高級品扱いになってしまった。
品質は良くて、みんなが普段でも飲めるようなコーヒー。そうでありたい。

05 金 ◎ 21−26℃
梅雨時は植物がぐんぐん成長するが、雑草もそれ以上に伸びる。朝から庭の草刈りをする。草も季
節によって違い、この時期はへばりつくような草で刈りにくい。午前の部、午後の部と二回に分けて、
なんとか全部刈ることができた。カーッと暑くはないが、じわりじわりと汗が出る。

04 木 ◎ 21−26℃
午前10時すぎ、店の周辺だけ局地的豪雨、しかし10分足らずで止む。おかあさんは、慌てて500m
先の自宅2階窓を閉めに行ったが、全然降っていなかったようだ。黒ポットの花苗をすべて花壇に定
植した。苗が多くて特別に花壇を増設したが、そこは日当たり悪く土地もやせている。かわいそうだ。

03 水 ◎ 22−26℃
九州地方の南部は大雨が止まらない。1日で1か月分の雨量を観測した。気象庁は「みずからの命
はみずから守るという意識を持って」と、異例の呼びかけ。3月25、26日、まことの卒業式に出席す
るための京都旅行日程をまとめた。3ヶ月しか経っていないのに、ずっと昔のように思える。

02 火 ○ 22−28℃
晩ごはんのとき、子どもたちの幼いころの話になった。下のふたりには体罰をしなかったが、長男の
まことには言うことを聞かないと、蹴ったことを思い出した。父親の恐いところを見せたかったのだろ
う。小さい頃の恐い体験は、よく覚えているものだ。悪い事をした。今になって後悔している。

01 月 ● 20−28℃
じめじめが続く。九州地方は大変な大雨、これが数日間続くそうだ。土砂災害が心配だ。きのう米大
統領と朝鮮労働党委員長が電撃会談。トランプさんは大統領として初めて北朝鮮の地に足を踏み入
れた。おかあさんが黒ポットのサルビア、マリー、アスターを花壇に定植する。
7月


感想、ご意見をお待ちしています。メールでどうぞ!下のボタンをクリック!